for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

今日の株式見通し=波乱含み、CPI受け下押し警戒 売り一巡後は乱高下も

[東京 13日 ロイター] -

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、波乱含みの展開が想定されている。4月の米消費者物価指数(CPI)の総合指数が前年比で約12年半ぶりの大幅な伸びとなったことを受けて、早期のテーパリングが読まれるようになり、日本株もさらなる下押しが警戒されそうだ。ただ、前日までの急落で突っ込み警戒感も台頭しており、売り一巡後は自律的に切り返す場面も考えられ、乱高下する可能性が高いという。

日経平均の予想レンジは2万7600円─2万8300円。

12日発表された米CPIは、総合指数が前年比4.2%上昇。食品・エネルギーを除いたコア指数は前年比3.0%上昇と、米連邦準備理事会(FRB)が目標とする年平均2%を上回った。 予想よりも早期に利上げが実施される可能性があるとの懸念から、米国株式市場は主要3指数が大幅続落した。

これを受けて日本株も、シカゴ日経平均先物にさや寄せする形で売り優勢で始まるとみられる。ただ、既に直近2日間で米株に先んじて大きく売り込まれているだけに、短期的には下げ過ぎとの見方もあり、自律的な切り返しも見込まれそうだ。いったん買い戻しが入れば動きが急になる可能性もあり、上下に大きく振れることも想定される。

市場では「CPIをテーパリングが早期に実施されるとの見方に傾斜した。大きな流れとして金融相場から業績相場に向かう端境期に入り、今回の下げは長期トレンドの中間反落とみることができる」(岡地証券・投資情報室長の森裕恭氏)との声が聞かれる。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均      28147.51 30714.52 27002.18

-461.08 2021年2月16日 2020年1月6日

シカゴ日経平均先物3月限 27745(円建て)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up