for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE 1-今日の株式見通し=一進一退、業績への期待が下支え

 (詳細を追加して更新します。)
    [東京 21日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、一進一退
の展開が想定されている。オーバーナイトの米国株式市場はまちまち。日本株はナスダッ
クの下落が重しとなり、日経平均はマイナス圏とプラス圏を行き来する展開になるとみら
れている。一方、企業決算の本格化を来週に控える中、業績への期待は株価の下支えとな
りそうだ。
    
    日経平均の予想レンジは2万9000円─2万9500円。
    
    20日の米国株式市場は、ダウ工業株30種とS&P総合500種が続
伸。市場予想よりも好調な内容となっている企業決算が材料視され、医療保険アンセム<A
NTM.K>と医薬品大手アボット・ラボラトリーズが買われ、S&Pのヘルスケアセ
クターの上げを支援した。ナスダック総合はテクノロジー株の上昇が一服したこ
とから小幅に下落した。
    
    現在のドル/円は114.36円付近と前日午後3時時点の114.55円から小幅
ながら円高。シカゴの日経平均先物12月限(円建て)清算値は2万9300円と前日の
現物終値(2万9255円55銭=20日)をわずかに上回っている。
    東京株式市場は企業決算を控え様子見ムードが強まりやすい中、米ナスダックの下落
が嫌気され、上値の重い展開が想定されている。
    
    市場では「米企業の決算を見る限り、インフレが業績に与える影響はあまり警戒され
ていないようにみえる。ただ、国内では来週本格化する企業決算を確認したい投資家が多
いとみられるので、上値追い要因とはならないだろう」(国内証券)との声が聞かれる。
    
    主なスケジュールでは、国内で9月の全国スーパー売上高、ディスコの企業
決算などの発表を控えている。米国では9月中古住宅販売(全米リアルター協会)、10
月フィラデルフィア地区連銀業況指数、インテルの企業決算などの発表が予定されている
。

                     前営業日終値   年初来高値     年初来安値
 日経平均           29255.55       30795.78       26954.81
                                                 
            +40.03         2021年9月14日  2021年8月20
                                                 日
 シカゴ日経平均先物  29300(円建て                 
 当限                )                            
 
    
 
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up