for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE 1--今日の株式見通し=急反発、米インフレの鈍化を好感 2万8000円も視野

       [東京 11日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、急反
発する展開が想定されている。市場で警戒された米消費者物価指数(CPI)でインフレ
の伸び鈍化が示され、米株価が急騰した流れを引き継ぎ、上昇で始まるとみられる。幅広
く買い戻され、心理的節目の2万8000円も視野に入りそうだ。一方、ドル安/円高が
急速に進んでおり、輸出関連株などには一定の重しになるとみられる。
    日経平均の予想レンジは2万7800円―2万8200円。
    前日の米国株式市場は急反発した。主要株価3指数は、いずれも約2年半ぶりの大幅
な上昇率を記録した。10月の消費者物価指数(CPI)伸び率が鈍化したことで、米連
邦準備理事会(FRB)が利上げペースを減速させるとの観測が高まり、あらゆるセクタ
ーに買いが広がった。
    10月のCPIは前年比伸び率が7.7%と9月の8.2%から鈍化。8カ月ぶりに
8%を下回った。インフレがピークアウトした兆しを示し、米連邦準備理事会(FRB)
が利上げペースを落とすとの思惑につながった。金利先物市場が織り込む12月の米連邦
公開市場委員会(FOMC)での利上げ幅は75ベーシスポイント(bp)ではなく50
bpになるという確率が、約85%に上昇。CPI発表前は52%だった。
    日経平均は、米株急騰の流れを受け、買い優勢になると見込まれる。米長期金利の低
下は、米国の引き締め懸念が重しとなってきたグロース株に追い風となる。米フィラデル
フィア半導体指数(SOX指数)が10.2%上昇し、国内半導体関連株や電子部品株が
支援されそうだ。原油価格の上昇で、鉱業など石油関連の強含みも見込まれる。
    市場では「先高感が芽生えてきており、底入れムードにつながりそうだ」(ニッセイ
基礎研究所の井出真吾チーフ株式ストラテジスト)との声が聞かれる。一方、ドル安/円
高が進行しており、輸出関連株などには重しになりやすい。「日本株はもともと底堅かっ
た上、良い材料と悪い材料が入り混じっている。目先は米株ほどの上昇率は想定しにくい
」(井手氏)ともみられている。
    心理的節目2万8000円が視野に入ってきそうだが、節目付近ではいったん利益確
定や戻り待ちの売りが重しになるともみられている。
    きょうは国内で10月企業物価指数などの発表があるほか、ソフトバンクグループ<9
984.T>、東芝、日本郵政などの決算が発表される。米国では11月ミシ
ガン大消費者信頼感指数速報値、英国では7─9期のGDP速報値が発表される。
              前営業日終  年初来高値  年初来安値
              値                      
 日経平均     27446.10    29388.16    24681.74
              -270.33     2022/01/05  2022/03/09
 シカゴ日経   27975(円               
 平均先物当   建て)                  
 限                                   
    
 
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up