Reuters logo
来週の日本株は安倍相場の高値試す展開、連騰の米株に警戒感も
2017年10月6日 / 07:12 / 2ヶ月前

来週の日本株は安倍相場の高値試す展開、連騰の米株に警戒感も

[東京 6日 ロイター] - 来週の東京株式市場は堅調な地合いが続く見通し。第2次安倍政権発足後の高値を試す展開が予想されている。10日は北朝鮮・朝鮮労働党の創立記念日だが、米朝関係の悪化につながる事態が発生しない場合、投資家の過度な警戒感が後退しそうだ。米税制改革への期待が継続すれば、相場の下支え要因となる。ただ連騰する米国株の調整リスクも意識されており、一本調子の株高は見込みにくい。

 10月6日、来週の東京株式市場は堅調な地合いが続く見通し。第2次安倍政権発足後の高値を試す展開が予想されている。写真は都内で2015年8月撮影(2017年 ロイター/Yuya Shino)

日経平均の予想レンジは2万0400円─2万0900円。

ロイターの調査によると、米9月雇用統計における非農業部門雇用者数は9万人増と予想されている。公表前時点で市場が織り込む米12月利上げ確率は80%台後半。利上げ確率が低下しドル安・円高が進めば、日本株の重しとなりそうだ。

北朝鮮がミサイル発射などに踏み切った場合、投資家心理が一気に悪化する恐れがある。一方、無難通過ならば日本株の重しが取り除かれることとなる。不透明要因としては国内の衆院選もあるが「小池百合子氏が出馬するかどうかで大勢が決まる。出馬しない場合は新党への期待が一気に冷める。不透明感が後退すれば日本株はしっかりしてくる」(マネックス証券・チーフストラテジストの広木隆氏)という。

海外では米銀大手の決算発表が始まるが「株価は金融規制の話題にも左右されそうだ。堅調な経済指標を受け米金利が上昇すれば、金融機関には悪い話ではない」(藍沢証券ファンドマネージャーの三井郁男氏)との見方が出ている。税制改革や金融規制の方向性、FRB(米連邦準備理事会)人事に関する報道を受けた海外市場の反応が注目されている。

外部環境が追い風となれば、日経平均は2015年6月24日のアベノミクス相場の高値2万0952円71銭に接近する可能性が高まる。だがオプションSQ(特別清算指数)算出週でもあり、先物への売り仕掛けによる波乱も警戒される。

米主要株価3指数は最高値更新を続け、VIX指数.VIXは歴史的な低水準にある。「何事もなければ日本株は上昇基調とみているが、米国株を含め上昇トレンドは強すぎる」(ソシエテ・ジェネラル証券・株式営業部長の杉原龍馬氏)との声もある。調整局面では、良好なファンダメンタルズが下値を支えるかどうかもポイントとなりそうだ。

株式マーケットチーム

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below