for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

一進一退、決算の本格化前の様子見ムード=来週の東京株式市場

[東京 15日 ロイター] - 来週の東京株式市場は、一進一退の値動きが想定されている。市場の関心は再来週から本格化する国内の2022年3月期第2・四半期(中間期)の企業決算に向いており、来週は様子見姿勢が強まるとされている。日本株は米市場の動向をにらみながら、方向感を探る1週間となりそうだ。

日経平均の予想レンジは2万8500円─2万9200円。

15日の東京株式市場で、日経平均は前営業日比517円70銭(1.81%)高の2万9068円63銭と大幅に続伸した。週間では4週ぶりに反発し、1019円(3.63%)上昇。日経平均は9営業日ぶりに2万9000円を回復したが、同水準では戻り売り圧力も根強かった。

来週は、中国で7─9月期実質国内総生産(GDP)、9月鉱工業生産、米国で地区連銀経済報告(ベージュブック)、10月マークイット製造業PMI(購買担当者景気指数)など、重要統計が相次いて発表される。

米国の景気・金融政策が転換点を迎える中、統計でインフレの加速の観測が再び確認されると、株価は左右されるとみる市場関係者は少なくない。東洋証券のストラテジスト、大塚竜太氏は「米国でのインフレ懸念は和らぎつつあるが、国内では25日から3月期の企業決算の本格化を控えやや材料不足。日本株は海外の統計など外部環境に左右されやすいだろう」との見方を示す。

そのほか「中国の恒大集団の債務問題など懸念材料が多く残っているため、日本株がもう一段の上値を追うためにはさらなる材料がほしい」(東海東京調査センターのシニアストラテジスト、中村貴司氏)との声が聞かれる。再来週の企業決算の本格化を控え、来週は一進一退の展開となりそうだ。

国内の主なスケジュールでは、9月貿易収支、9月全国消費者物価指数などが公表される。19日は衆議院議員選挙の公示日となる。ディスコ、東京製鉄、中外製薬はそれぞれ企業決算を発表する。 (株式マーケットチーム)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up