August 1, 2019 / 9:09 AM / 16 days ago

東京マーケット・サマリー(1日)

■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

<外為市場>

ドル/円JPY= ユーロ/ドルEUR= ユーロ/円EURJPY=

午後5時現在 109.13/15 1.1030/34 120.41/45

NY午後5時 108.74/77 1.1074/77 120.45/49

午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べてドル高/円安の109円前半。米連邦公開市場委員会(FOMC)での25ベーシスポイント(bp)の利下げ決定を経た東京市場で、ドルは一時109.32円と2カ月ぶりの高値をつけた。ドルがほぼ全面高となるなか、英ポンドは2年半ぶり、ユーロは2年3カ月ぶり安値をつけた。

<株式市場>

日経平均 21540.99円 (19.46円高)

安値─高値   21288.90円─21556.69円

東証出来高 13億5643万株

東証売買代金 2兆2260億円

東京株式市場で日経平均は小幅に反発した。パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長が米連邦公開市場委員会(FOMC)後の会見で利下げサイクル入りを示唆しなかったことで、米国株が急落。東京市場でも朝方は売りが先行し一時下げ幅を200円超に拡大した。その後、外為市場でのドル高/円安の進行が支援材料となって切り返した。ただ、午後は手掛かりが不足し、前日終値近辺で一進一退となった。

東証1部騰落数は、値上がり978銘柄に対し、値下がりが1062銘柄、変わらずが109銘柄だった。

<短期金融市場> 17時14分現在

無担保コール翌日物金利(速報ベース) -0.070%

ユーロ円金先(19年9月限) 99.970 (-0.005)

安値─高値 99.965─99.980

3カ月物TB ───

無担保コール翌日物はマイナス0.060─マイナス0.075%のレンジとなり、加重平均レートは、速報ベースでマイナス0.070%になった。「大手行がビッドを上げて調達してきた」(国内金融機関)という。ユーロ円3カ月金利先物の期先は軟調だった。

<円債市場> 

国債先物・19年9月限 153.54 (-0.26)

安値─高値 153.52─153.83

10年長期金利(日本相互証券引け値) -0.135% (+0.025)

安値─高値 -0.135─-0.160%

国債先物中心限月9月限は、前営業日比26銭安の153円54銭と反落で取引を終えた。10年最長期国債利回り(長期金利)の引け値は、前営業日比2.5bp上昇のマイナス0.135%。珍しく、米国市場と真逆の展開となった。

<スワップ市場> 16時16分現在の気配

2年物 -0.02─-0.12

3年物 -0.04─-0.14

4年物 -0.04─-0.14

5年物 -0.03─-0.13

7年物 0.00─-0.09

10年物 0.08─-0.01

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below