July 12, 2018 / 9:27 AM / 9 days ago

東京マーケット・サマリー(12日)

■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

<外為市場>

ドル/円JPY= ユーロ/ドルEUR= ユーロ/円EURJPY=

午後5時現在 112.32/34 1.1683/87 131.25/29

NY午後5時 112.00/03 1.1672/76 130.72/76

午後5時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ小幅にドル高/円安の112円前半。前日海外市場でドルが買い戻された流れを引き継いで堅調な地合い。日経平均や他のアジア株の上昇によりリスク選好の動きが広がったこともドル高に寄与した。

<株式市場>

日経平均 22187.96円 (255.75円高)

安値─高値   22019.19円─22233.52円

東証出来高 11億9258万株

東証売買代金 2兆3081億円

東京株式市場で日経平均は大幅反発。決算シーズンが近づく中、為替が1ドル112円台まで円安に振れ、企業業績の上方修正期待につながった。米中貿易戦争を巡る過度なリスク回避姿勢が後退。中国株の反発も安心材料となり、先物主導で上げ幅は一時300円超に拡大した。ソフトバンクグループ(9984.T)、ファーストリテイリング(9983.T)など指数への影響が大きい銘柄が買われ、日経平均の上昇に寄与した。

東証1部の騰落数は、値上がり1181銘柄に対し、値下がりが820銘柄、変わらずが98銘柄だった。

<短期金融市場> 18時08分現在

無担保コール翌日物金利(速報ベース) -0.064%

ユーロ円金先(18年9月限) 99.915 (+0.005)

安値─高値 99.910─99.915

3カ月物TB ───

無担保コール翌日物の加重平均レートは、速報ベースでマイナス0.064%になった。準備預金の積み最終日を13日に控えて、最終調整目的の積み需要がしっかりと示された。ユーロ円3カ月金利先物は小動き。

<円債市場>

国債先物・18年9月限 150.92 (変わらず)

安値─高値 150.90─150.94

10年長期金利(日本相互証券引け値) 0.035% (変わらず)

安値─高値 0.040─0.040%

国債先物中心限月9月限は前日比変わらずの150円92銭で引けた。朝方から、1ドル112円台と円安に振れたことや日経平均株価の上昇を受けて上値の重い展開が続いた。警戒感があった20年債入札が順調な結果になると、小幅高まで強含む場面があったが、一方で高値警戒感が上値を抑制。前日終値を挟んだ上下4銭の値幅で小動きに終始した。

<スワップ市場> 18時08分現在の気配

2年物 0.09─-0.01

3年物 0.10─0.00

4年物 0.12─0.02

5年物 0.14─0.04

7年物 0.19─0.09

10年物 0.29─0.19

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below