May 15, 2019 / 9:17 AM / 4 days ago

東京マーケット・サマリー(15日)

<外為市場>

ドル/円JPY= ユーロ/ドルEUR= ユーロ/円EURJPY=

午後5時現在 109.50/52 1.1211/15 122.78/82

NY午後5時 109.59/62 1.1203/05 122.79/83

午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点より小安い109円半ば。前日東京市場で強まった買い戻しの流れは一服、狭いレンジ内の値動きにとどまった。

<株式市場>

日経平均 21188.56円 (121.33円高)

安値─高値   20968.08円─21191.53円

東証出来高 15億2404万株

東証売買代金 2兆5724億円

東京株式市場で日経平均は8日ぶりに反発した。令和に入って初の上昇になる。貿易摩擦激化への懸念が払拭できず、朝方は軟調に推移したが、連日下落の後で値ごろ感の買いや売り方の買い戻しが入って下げ渋った。この日発表された4月の中国鉱工業生産と中国小売売上高が弱い内容だっため、中国当局による追加刺激策への期待も高まった。上海株が堅調に推移すると、日経平均も上げ幅を拡大する展開だった。

東証1部騰落数は、値上がり1359銘柄に対し、値下がりが716銘柄、変わらずが65銘柄だった。

<短期金融市場> 17時23分現在

無担保コール翌日物金利(速報ベース) -0.025%

ユーロ円金先(19年6月限) 99.960 (変わらず)

安値─高値 99.955─99.965

3カ月物TB ───

無担保コール翌日物の加重平均レートは、速報ベースでマイナス0.025%になった。積み最終日となったが「前日が資金調達の動きのピークとなった印象」(国内金融機関)との声が聞かれた。ユーロ円3カ月金利先物は小幅安。

<円債市場> 

国債先物・19年6月限 152.76 (変わらず)

安値─高値 152.74─152.80

10年長期金利(日本相互証券引け値) -0.055% (変わらず)

安値─高値 -0.055─-0.055%

国債先物中心限月6月限は152円76銭と、前日終値比横ばいで取引を終えた。海外金利の上昇期待が乏しい一方で高値警戒感も根強く、膠着感の強い相場が続いた。日銀による長期対象の国債買い入れオペの結果は無難と受け止められた。10年最長期国債利回り(長期金利)の引け値は、前営業日比変わらずのマイナス0.055%。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below