May 30, 2019 / 9:11 AM / 20 days ago

東京マーケット・サマリー(30日)

■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

<外為市場>

ドル/円JPY= ユーロ/ドルEUR= ユーロ/円EURJPY=

午後5時現在 109.74/76 1.1130/34 122.15/19

NY午後5時 109.65/68 1.1130/35 121.97/01

午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点とほぼ同水準の109円後半。実需の買いフロー、日経平均の下げ幅縮小や米長期金利の持ち直しを受けてドルは底堅さを保ったが、米長期金利の持ち直しが一服すると、ドルは上げ渋った。

<株式市場>

日経平均 20942.53円 (60.84円安)

安値─高値   20809.29円─20942.53円

東証出来高 11億1333万株

東証売買代金 1兆9218億円

東京株式市場で日経平均は続落。終値は節目の2万1000円を割り込み2月15日以来3カ月半ぶりの安値だった。前日の欧米株安が投資家心理を圧迫し、朝方から幅広い業種に売りが先行した。米中対立の長期化に対する懸念が強いほか、直近買われた内需・ディフェンシブ系銘柄に利益確定売りが出たことも重しになった。下げ幅は一時200円に接近したが、円高一服や日銀によるETF(上場投資信託)買いの思惑、堅調な米株価指数先物などを背景に後場は下げ幅を縮小させた。

東証1部騰落数は、値上がり960銘柄に対し、値下がりが1094銘柄、変わらずが86銘柄だった。

<短期金融市場> 17時06分現在

無担保コール翌日物金利(速報ベース) -0.051%

ユーロ円金先(19年6月限) 99.960 (+0.005)

安値─高値 99.955─99.960

3カ月物TB ───

無担保コール翌日物の加重平均レートは、速報ベースでマイナス0.051%になった。取引レンジに大きな変化はなかったという。ユーロ円3カ月金利先物は小幅高。

<円債市場> 

国債先物・19年6月限 153.02 (-0.12)

安値─高値 152.96─153.07

10年長期金利(日本相互証券引け値) -0.085% (+0.010)

安値─高値 -0.085─-0.085%

国債先物中心限月6月限は前営業日比12銭安の153円02銭と反落した。この日行われた2年債入札は、前回よりテールが小幅に拡大したものの無難な結果で、午後に入り株価が下げ幅を縮小するとともに、売りが強まった。10年最長期国債利回り(長期金利)の引け値は、前営業日比1bp上昇のマイナス0.085%。

<スワップ市場> 15時55分現在の気配

2年物 0.01─-0.08

3年物 0.00─-0.09

4年物 0.00─-0.09

5年物 0.01─-0.08

7年物 0.05─-0.04

10年物 0.14─0.04

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below