June 21, 2019 / 9:24 AM / 25 days ago

東京マーケット・サマリー(21日)

<外為市場>

ドル/円JPY= ユーロ/ドルEUR= ユーロ/円EURJPY=

午後5時現在 107.44/46 1.1310/14 121.52/56

NY午後5時 107.29/32 1.1291/93 121.15/16

午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べてややドル高/円安の107円半ば。一時107.04円まで下げ、1月3日以来5カ月半ぶり安値をつけた。米連続利下げ予想がドルの重しとなる構図が続いている。

<株式市場>

日経平均 21258.64円 (204.22円安)

安値─高値   21221.70円─21497.82円

東証出来高 15億3666万株

東証売買代金 2兆7182億円

東京株式市場で日経平均は反落した。朝方は米国株高の流れを引き継ぐ形で2万1500円付近まで上昇したが、追加の買い材料がなく伸び悩んだ。その後、外為市場でのドル安/円高が嫌気されて日経平均はマイナス圏に沈み、昼休み時間中に1ドル107円割れ寸前まで円高が進行すると先物主導で一時241円安まで下げた。週末を控えた手じまい売りに加え、中東情勢の緊迫化を懸念する売りも出たとみられている。

東証1部騰落数は、値上がり619銘柄に対し、値下がりが1458銘柄、変わらずが68銘柄だった。

<短期金融市場> 17時09分現在

無担保コール翌日物金利(速報ベース) -0.067%

ユーロ円金先(19年9月限) 100.000 (-0.005)

安値─高値 100.000─100.010

3カ月物TB ───

無担保コール翌日物の加重平均レートは、速報ベースでマイナス0.067%になった。一部の大手行による資金調達の動きがみられたようだ。ユーロ円3カ月金利先物は小動き。

<円債市場> 

国債先物・19年9月限 153.93 (+0.01)

安値─高値 153.82─154.13

10年長期金利(日本相互証券引け値) -0.170% (変わらず)

安値─高値 -0.165─-0.195%

国債先物中心限月9月限は前営業日比1銭高の153円93銭となり、小幅に続伸した。金利変動許容幅を巡る前日の日銀総裁の発言が材料視されたほか、中長期対象の国債買い入れオペで買い入れ減額が見送られたことが支援材料となり、中心限月としての過去最高値を付けた。買い一巡後は利食い売りに押され下げに転じる場面があった。

10年最長期国債利回り(長期金利)は一時、マイナス0.195%に低下。その後、前日比0.5bp高いマイナス0.165%と上昇に転じた。引け値は、前営業日比変わらずのマイナス0.170%。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below