July 5, 2019 / 9:18 AM / 17 days ago

東京マーケット・サマリー(5日)

■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

<外為市場>

ドル/円JPY= ユーロ/ドルEUR= ユーロ/円EURJPY=

午後5時現在 108.05/07 1.1266/70 121.73/77

東京4日午後5時 107.80/82 1.1283/84 121.63/67

午後5時のドル/円は、前日東京午後5時時点に比べてドル高/円安の108円前半。米国の休日明けで6月の雇用統計を控えた週末とあって、取引は低迷した。市場では、今夜発表される米雇用統計が弱い労働市場を裏書きし米連邦準備理事会(FRB )の利下げを正当化するとの見方が広がっているが、サプライズがあれば週明けの東京市場での相場変動が拡大する余地がある。

<株式市場>

日経平均 21746.38円 (43.93円高)

安値─高値   21647.73円─21746.38円

東証出来高 9億3315万株

東証売買代金 1兆5525億円

東京株式市場で日経平均は小幅に続伸した。前日の米国株市場が独立記念日で休場。為替も1ドル107円後半で小動きが続き、手掛かり材料が不足した。今晩発表の米雇用統計を前に様子見姿勢が強く、朝方から方向感なく推移した。薄商いの中、決算発表を受けた個別銘柄にポジティブな動きがみられたほか、ハイテク株の一角には買い戻しが継続。日経平均は小幅ながら高値引けとなった。

東証1部騰落数は、値上がり1208銘柄に対し、値下がりが841銘柄、変わらずが100銘柄だった。

<短期金融市場> 17時14分現在

無担保コール翌日物金利(速報ベース) -0.074%

ユーロ円金先(19年9月限) 99.995 (-0.005)

安値─高値 99.990─100.000

3カ月物TB ───

無担保コール翌日物の加重平均レートは、速報ベースでマイナス0.074%になった。資金調達意欲は依然弱いという。ユーロ円3カ月金利先物はほぼ横ばい。

<円債市場> 

国債先物・19年9月限 153.96 (+0.05)

安値─高値 153.91─154.02

10年長期金利(日本相互証券引け値) -0.170% (-0.010)

安値─高値 -0.160─-0.170%

国債先物中心限月9月限は前営業日比5銭高の153円96銭と、小反発で取引を終えた。10年最長期国債利回り(長期金利)の引け値は、前営業日比1bp低下のマイナス0.170%。6月米雇用統計発表前で様子見気分が強く、方向感に乏しい展開だった。

<スワップ市場> 16時18分現在の気配

2年物 -0.05─-0.15

3年物 -0.07─-0.17

4年物 -0.07─-0.17

5年物 -0.06─-0.16

7年物 -0.03─-0.13

10年物 0.05─-0.04

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below