August 8, 2019 / 9:21 AM / in 3 months

東京マーケット・サマリー(8日)

■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

<外為市場>

ドル/円JPY= ユーロ/ドルEUR= ユーロ/円EURJPY=

午後5時現在 106.08/10 1.1216/20 119.00/04

NY午後5時 106.26/29 1.1197/01 118.99/03

午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べてドル安/円高の106円前半。中国人民元が小幅ながら上昇したことで、通貨安戦争への警戒感がやや落ち着く形で円も静かな動きとなった。

<株式市場>

日経平均 20593.35円 (76.79円高)

安値─高値   20462.98円─20682.24円

東証出来高 11億8706万株

東証売買代金 2兆0878億円

東京株式市場で日経平均株価は5日ぶりに反発した。朝方しっかりで始まった後、マイナスとなる場面があったものの、きょうの人民元の対ドル基準値が当局の元安誘導を想起させるものではなかったことで、米中対立が緩和するとの見方が広がった。為替相場も落ち着いて推移し、市場関係者の間で安心感が生じた。大引けの日経平均株価は、前日比76円79銭高の2万0593円35銭。

東証1部騰落数は、値上がり1088銘柄に対し、値下がりが962銘柄、変わらずが99銘柄だった。

<短期金融市場> 17時05分現在

無担保コール翌日物金利(速報ベース) -0.033%

ユーロ円金先(19年9月限) 99.980 (-0.005)

安値─高値 99.980─99.990

3カ月物TB -0.105 (変わらず)

安値─高値 -0.100─-0.105

無担保コール翌日物の加重平均レートは、速報ベースでマイナス0.033%になった。「地銀や信託銀行による資金調達意欲が強かった」(国内金融機関)という。ユーロ円3カ月金利先物の期先は弱含み。

<円債市場> 

国債先物・19年9月限 154.41 (+0.02)

安値─高値 154.30─154.46

10年長期金利(日本相互証券引け値) -0.195% (+0.005)

安値─高値 -0.190─-0.205%

国債先物中心限月9月限は前営業日比2銭高の154円41銭となり、小幅続伸して引けた。全体的に方向感に乏しい中、狭い値幅で小動きとなった。10年最長期国債利回り(長期金利)の引け値は、前営業日比0.5bp上昇のマイナス0.195%。

<スワップ市場> 17時03分現在の気配

2年物 -0.07─-0.17

3年物 -0.09─-0.19

4年物 -0.09─-0.19

5年物 -0.09─-0.19

7年物 -0.06─-0.16

10年物 0.01─-0.08

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below