for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

MLB=首位打者8回獲得のグウィン氏、54歳で死去

 6月16日、MLBの往年の名選手、トニー・グウィン氏が唾液腺がんのため死去した。54歳だった。米ニューヨーク州クーパーズタウンで2007年7月撮影(2014年 ロイター/Brian Snyder)

[16日 ロイター] - 米大リーグ(MLB)の往年の名選手、トニー・グウィン氏が16日、唾液腺がんのためカリフォルニア州の病院で死去した。54歳だった。米野球殿堂博物館が発表した。

サンディエゴ州立大学の監督を務めていたグウィン氏は、2度のがん手術を受け、回復に向けて3月末から医療休暇を取っていた。

グウィン氏は1982年から20年間にわたりパドレスで外野手として活躍。ナショナル・リーグで8回の首位打者を獲得した。通算3141安打、打率3割3分8厘を記録した。

ストライキにより短縮された1994年シーズン、打率3割9分4厘をマーク。オールスターには15回選出され、2001年に現役を引退。2007年に殿堂入りした。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up