for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ラグビー=ブラウン攻撃コーチ、「日本流のラグビーを」

 ラグビー日本代表チームのトニー・ブラウン攻撃コーチは、20日に行われるW杯日本大会準々決勝の南アフリカ戦では、日本流のラグビーで相手のフィジカルプレーに対抗すると述べた。写真は日本代表の選手たち。横浜で13日撮影(2019年 ロイター/Kevin Coombs)

[東京 19日 ロイター] - ラグビー日本代表チームのトニー・ブラウン攻撃コーチは、20日に行われるワールドカップ(W杯)日本大会準々決勝の南アフリカ戦では、日本流のラグビーで相手のフィジカルプレーに対抗すると述べた。

南アフリカの特徴はセットプレーでの強さとフォワード陣の圧倒的なパワー。ブラウン氏は報道陣に対し、「南アフリカはフィジカル面でわれわれを圧倒しようとしてくるはず」とコメントした。

さらに「彼らは乱戦が得意。フォワード陣が力を発揮したときは止めるのが難しい。われわれとしては自分達のプレーに徹し、日本流のラグビーに持ち込みたい」と話した。

日本は先月の強化試合では南アフリカに7─41で敗れた。しかしブラウン氏は「両チームともにW杯に向けて準備する上で、考えていたことが違った」とし、「われわれは南アフリカではなく、W杯を想定したプレースタイルを試した」と説明。今回の対戦への影響はないとの考えを示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up