for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

TARPに基づくCITへの投資、損失になる公算=財務省

 7月16日、米WSJの報道によると、財務省関係者は金融サービスの米CITグループ(写真)への23億ドルの政府投資の全額が損失になるとみている。13日撮影(2009年 ロイター/Brendan McDermid)

 [東京 16日 ロイター] 米ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)紙の報道によると、財務省関係者は金融サービスの米CITグループCIT.Nに対する23億ドルの政府投資の全額が損失になるとみている。米財務省スポークスマンが同紙に語った。

 不良資産救済プログラム(TARP)による公的資金投入での初めての損失となる。

 財務省当局者は、優先株の価値低下によりCITへの投資の多くはすでに失われたと考えているという。

 米当局は15日、支援をめぐるCITとの協議終了を決定した。これにより、同社の破産の可能性が高まっている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up