for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米自動車買い替え支援策による販売台数、トヨタのカローラが首位

 8月5日、米自動車買い替え支援策による販売台数でトヨタのカローラが首位。昨年2月撮影(2009年 ロイター/John Gress)

 [ワシントン 5日 ロイター] 米運輸省によると、米政府の自動車買い替え支援制度を利用して販売された新車の台数が18万台を超えた。内訳をみると、トヨタ自動車7203.Tの「カローラ」がフォード・モーターF.Nの「フォーカス」を抜いて首位となった。

 支援策では、燃費の悪い中古車を下取りに出して低燃費車を購入する消費者に対し、最大4500ドルを支給する。同プログラムの下で政府が支払った金額は総額7億7520万ドル。

 下取りに出された中古車の80%以上はピックアップトラックやスポーツ多目的車(SUV)などの小型トラック。購入された新車の59%は乗用車だった。

 モデル別販売台数ではこのほか、トヨタの「プリウス」と「カムリ」がトップ5入りした。ホンダ7267.Tの「シビック」は3位。

 下取りに出された中古車の上位10車種はすべて米国メーカーの車だった。

 これとは別に、米議会関係者やロビイストは、買い替え支援策の規模を20億ドル増額する法案の上院での採決が7日にずれ込む可能性が高いことを明らかにした。交渉の進展が遅いことや手続き上の問題などが理由とした。上院の民主党指導部は、可決に必要な票はすでに確保できているとしている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up