for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米株式市場は新たな強気相場入り=ゴールドマンのコーエン氏

 8月6日、ゴールドマン・サックスのシニア投資ストラテジストによると、米株式市場は新たな強気相場入り。写真は7月、ニューヨーク証券取引所で(2009年 ロイター/Brendan McDermid)

 [ニューヨーク 6日 ロイター] ゴールドマン・サックスのシニア投資ストラテジスト、アビー・コーエン氏は6日、CNBCテレビに出演し、米株式市場は新たな強気相場に入っており、S&P500指数は年末までに現在の水準から10%程度上昇する可能性がある、との見方を示した。

 同氏は、ゴールドマンとしてS&P500が年末にかけて1050─1100のレンジで推移するとみていると指摘。同レンジは年末にかけてのあるべき水準とした。

 その上で「われわれは新たな強気相場が始まったと実際に考えている。それは今年3月に始まったことが証明されるかもしれない」と語った。

 株価は3月上旬に12年ぶり安値をつけて以降、急速に回復しており、S&P500は3月に666.79の安値をつけてから47%上昇している。

 労働市場について、コーエン氏は「雇用減(のペース)は鈍化しつつあるようで、若干の雇用創出もみられる。(ただ)国内総生産(GDP)や鉱工業生産に基づいてリセッション(景気後退)がほぼ終了したとしても、今後さらに多くの月で厳しい労働環境が待ち受けているだろう」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up