for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米株式相場は続伸、原油在庫の予想外の減少が支援

 [ニューヨーク 19日 ロイター] 米国株式相場は続伸。週間の米原油在庫が予想外に減少したことを受け、需要見通しが改善する可能性があると受け取られた。中国の大幅株安による影響は限定的だった。

 8月19、米国株式相場は続伸、原油在庫の予想外の減少が支援。写真はニューヨーク証券取引所で。6月撮影(2009年 ロイター/Eric Thayer)

 エクソンモービルXOM.NとシェブロンCVX.Nがそれぞれ2.3%高と1.8%高でダウの上げを主導。マーフィー・オイルMUR.Nも3.1%高で、S&Pエネルギー株指数は1.9%上昇した。

 米エネルギー省エネルギー情報局(EIA)が19日発表した週間石油在庫統計は、原油在庫が5月以来の大幅な減少を記録。これを受けて、ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)で原油先物9月限は3.23ドル(4.7%)高の1バレル=72.42ドルで取引を終えた。

 この日は、中国株式市場の上海総合株価指数が2カ月ぶりの安値水準に下げたことを嫌気し、マイナス圏で寄り付いた。ウェドブッシュ・モルガンのシニアトレーダーマイケル・ジェームズ氏は「海外の弱材料に反応せずに米国株に買いを入れる投資家が増えつつある」と述べた。 

 ダウ工業株30種は61.22ドル(0.66%)高の9279.16ドル。

 ナスダック総合指数は13.32ポイント(0.68%)高の1969.24。

 S&P総合500種は6.79ポイント(0.69%)高の996.46。

 ヘルスケア関連銘柄もアウトパフォームし、メルクMRK.Nは2.5%、ファイザーPFE.Nは2.4%、それぞれ上昇。

 半面、ナスダックではヒューレット・パッカード(HP)HPQ.Nが0.3%下落。18日遅くに、法人需要について慎重な見通しを示したことが圧迫材料となった。

 農機メーカーのディアDE.Nも2.9%安。8─10月期決算が損益トントンまたは若干の赤字になるとの見通しが嫌気された。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up