for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

クライスラー、三菱自とのエンジン合弁生産を打ち切り

 9月10日、クライスラーは、三菱自動車工業と現代自動車とのエンジンの合弁生産を打ち切ったと発表。写真はクライスラーのロゴ。5月にアリゾナ州の自動車販売店で撮影(2009年 ロイター/Joshua Lott)

 [デトロイト 10日 ロイター] 米クライスラーは10日、現代自動車005380.KSと三菱自動車工業7211.Tとのエンジンの合弁生産を打ち切ったと発表した。

 3社は2005年から米ミシガン州ダンディの合弁工場で、燃費の良い4シリンダーエンジンを生産していたが、現代自動車と三菱自動車はこの合弁工場の持分を売却した。

 クライスラーは声明で、同工場では今後「ダッジ・カリバー」や「ジープ・コンパス」などクライスラー車のエンジン生産に特化する、と発表した。

 伊フィアットFIA.MIの下で経営再建中のクライスラーは、今回の現代自動車と三菱自動車との合弁解消で、これまでの合同生産契約をほぼすべて解約した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up