for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

8月経常黒字は1兆1712億円、前年比+10.4%

 10月8日、8月経常黒字は1兆1712億円となり前年比+10.4%に。写真は横浜港。昨年12月撮影(2009年 ロイター/Issei Kato)

 [東京 8日 ロイター] 財務省は8日発表した国際収支状況速報によると、8月の経常収支は1兆1712億円の黒字となった。黒字は7カ月連続。前年比では10.4%増と2カ月ぶりに増加した。

 所得収支の黒字幅が縮小したものの、輸入の減少が輸出の減少を上回り、貿易収支が黒字に転じたことが経常収支の黒字幅拡大に寄与した。

 ロイターが民間調査機関に行った事前調査では、経常収支の予測中央値は1兆1553億円の黒字、前年比8.9%増だった。 

 貿易・サービス収支は1809億円の黒字(前年同月は2570億円の赤字)となった。黒字は4カ月連続。

 このうち、貿易収支は3037億円の黒字(前年同月は1412億円の赤字)。原油価格が前年に比べ大きく下落したことなどを背景に輸入減少額が過去最大となり、輸出額の減少を上回ったことが貿易黒字の拡大に寄与した。

 サービス収支は1228億円の赤字(前年同月は1159億円の赤字)となった。輸送収支の赤字幅が拡大したことなどが影響した。

 所得収支の黒字額は前年比24.5%減の1兆0606億円となり、2カ月連続で減少した。円高や世界的な金利低下で、債券の投資収益の受け取りの減少幅が支払いの減少幅を上回ったことなどが影響した。

  (ロイターニュース 武田晃子)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up