for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米週間住宅ローン申請指数は2週連続低下

 10月21日、米抵当銀行協会が発表した最新週の住宅ローン申請指数は、2週連続低下。写真はアリゾナ州マリコパの売り家。5月撮影(2009年 ロイター/Joshua Lott)

 [ニューヨーク 21日 ロイター] 米抵当銀行協会(MBA)が発表した16日までの週の住宅ローン申請指数(季節調整後、新規購入・借り換えを含む)は、住宅ローン金利が心理的な節目となる5%を超えて推移するなか、前週比13.7%低下し641.0となった。

 低下は2週連続で、9月11日終了週以来の低水準となった。

 4週間移動平均ベースでは1.0%低下した。

 30年住宅ローン金利(固定、手数料除く)は前週から0.05%ポイント上昇し5.07%。

 新規住宅購入のためのローン申請指数は7.6%低下し268.8。8月7日終了週以来の低水準。

 住宅ローン借り換え申請指数は16.8%低下し2808.0。9月11日終了週以来の低水準。

 借り換え申請が全体に占める割合は65.0%と、前週の67.4%から縮小した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up