for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米金融機関の貸倒償却率、大恐慌時の水準上回る=ムーディーズ

 10月26日、ムーディーズ・インベスターズ・サービスは、米金融機関の貸倒償却率が大恐慌時の水準を上回っていると指摘。写真はニューヨークのタイムズスクエア。15日撮影(2009年 ロイター/Lucas Jackson) 

 [ニューヨーク 26日 ロイター] 米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは26日、信用危機の影響が続くなか、主要国内金融機関の貸倒償却率は、大恐慌当初に見られた水準を上回っていると指摘した。

 ムーディーズの報告によると、年初来の貸倒償却総額は1160億ドルと、年率ベースで貸付残高の2.9%に達した。大恐慌の3年目に当たる1932年は約2.25%だった。

 第3・四半期の償却は450億ドルと、第2・四半期の400億ドル、第1・四半期の310億ドルから増加。

 第3・四半期の償却率は年率ベースで貸付残高の約3.4%と、1934年に記録した大恐慌時のピーク水準に並んだ。

 貸倒償却総額は、ムーディーズが格付けを付与する資産500億ドル超の銀行が対象。対象機関は国内銀行システムの総額の85%を有している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up