for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米CIT、数日中に破産法適用申請の見通し=専門家

 10月29日、アナリストや専門家は米CITグループが数日以内にも破産法の適用を申請するとみている。。写真はニューヨークの同社オフィス。7月撮影(2009年 ロイター/Brendan McDermid)

 [ニューヨーク 29日 ロイター] アナリストや専門家は、中小企業への貸し付けを主業務とし、経営難に陥っている米CITグループCIT.Nについて、数日以内にも破産法の適用を申請する、とみている。

 同社は債務再編を行っており、投資家に2つの選択肢を示している。

 1つ目の選択肢は、無担保社債の保有者(300億ドル)が保有債券を自主的に新証券・株式と交換する案。実現すれば破産は避けられる。

 もう1つの選択肢は、破産法の適用を申請する前に、再編計画で合意するというもので、実現可能性はより高いとされる。最新のデータによると、CITは今年半ば時点で資産700億ドル・負債650億ドル。

 CITの投資家が交換か、プレパッケージ型破たんかを決める投票の期限は29日いっぱいだった。CITの広報担当者はコメント控えた。

 関係筋は、ロイターに対して、自主的な債務交換が実現する可能性は低いと述べ、破産法の適用を申請する公算のほうが大きいとしている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up