for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国版ナスダック、全銘柄がザラ場で公募価格の倍以上に

 10月30日、深セン証券取引所のベンチャー企業向け市場「創業板(中国版ナスダック)」では、この日上場した全28銘柄がザラ場で公募価格の倍以上となった。写真は株価ボードを見つめる投資家(2009年 ロイター)

 [上海 30日 ロイター] 30日に取引が開始された深セン証券取引所のベンチャー企業向け市場「創業板(中国版ナスダック)」では、この日上場した全28銘柄がザラ場で公募価格の倍以上となった。

 その過熱ぶりには警戒感も広がっているが、アナリストは、サーキットブレーカー発動により、過剰な動きは抑えられる、と指摘している。

 当局は現在、100件以上の創業板への上場申請を審査中。業界関係者は、少なくとも1000社が来年の上場を準備しているとしている。 

 市場では、少なくとも3分の1の銘柄が取引初日に公募価格の倍以上になる、と予想されていた。全28銘柄が取引時間中のある時点でこれを達成したが、引けの段階までこの水準を維持したのは36%だった。

 上場全28銘柄は午前中、少なくとも1度は30分間売買停止となった。株価が初値を20%上回り、サーキットブレーカーが発動された。

 また大半が50%上昇し、さらに30分の売買停止に。成都金亜科技300028.SZなどの数銘柄は80%高騰し、3回目の取引停止となった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up