for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

10月の中国乗用車販売は75.8%増、政府支援策が追い風

 11月9日、中国汽車工業協会は、10月の国内乗用車販売台数が前年同月比75.8%増の94万6400台となったと発表。写真は瀋陽で7日撮影(2009年 ロイター/Sheng Li)

 [上海 9日 ロイター] 中国汽車工業協会(CAAM)は9日、10月の国内乗用車販売台数が前年同月比75.8%増の94万6400台となったと発表した。政府による支援策が引き続き追い風となっている。ただ、販売台数は9月の102万台から若干減少した。

 トラックやバスも含めた全体の自動車販売台数は72.48%増の123万台。増加のペースは9月の77.99%から若干減速した。

 米ゼネラル・モーターズ(GM)[GM.UL]の発表によると、10月の同社の中国での販売台数は16万6911台と、前年同月比で倍以上に増えた。同社の中国での毎月の販売台数は年初から伸び続けている。米フォード・モーターF.Nの10月の販売台数は80%増の2万0027台だった。

 中国工業情報省は前週に公表した報告書で、小型車の販売税引き下げなど、政府が現在導入している自動車販売支援策の期限を延長し、追加的な支援策も導入する可能性があることを示唆。オリエント証券のアナリスト、Qin Xuwen氏は「実際にそうなれば、中国の自動車販売は来年に入っても力強い伸びが続く」と述べた。

 CAAMによると、1─10月の乗用車販売台数は前年同期比45.18%増の819万台。2008年全体の676万台をすでに超えている。

 1─10月のトラックやバスも含めた自動車販売台数は37.71%増の1089万台。昨年全体の938万台をすでに超えている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up