for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国での自動車販売、09年は21%増加=トヨタ

 1月6日、トヨタ自動車は2009年の中国での自動車販売台数が21%増加したことを明らかに。写真は2009年4月、上海モーターショーで撮影(2010年 ロイター/Nir Elias)

 [上海 6日 ロイター] トヨタ自動車7203.Tは6日、2009年の中国での自動車販売台数が21%増加したことを明らかにした。2009年1─9月は前年比13%増、2008年通年は同17%増だった。

 2009年の中国での販売台数は70万9000台。前年は58万5000台だった。

 中国では昨年、政府の景気対策を受けて、自動車販売が急増した。

 米ゼネラル・モーターズ(GM)の2009年の中国での自動車販売は183万台。うち106万台は、上海汽車600104.SS、柳州五菱汽車との3社合弁、上汽通用五菱汽車で生産したミニバンやピックアップトラックなど。

 独フォルクスワーゲンVOWG.DEは、中国での年間販売台数をまだ発表していないが、同社の中国部門幹部は11月、中国本土と香港の販売台数が約140万台と、前年比で35%以上増加するとの見通しを示した。

 アナリストは、トヨタの販売が伸び悩んだことについて、優遇税制で販売が急増した小型車の投入が遅れたことが原因と指摘している。

 トヨタの中国部門幹部は昨年11月、2010年の中国での販売台数が80万台前後になるとの見通しを示している。 

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up