for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国GDP、年内に日本抜く可能性も─ゴールドマン=独紙

 1月24日、ゴールドマン・サックスのチーフエコノミストは、中国が2010年中に日本を抜いて世界第2位の経済大国になる可能性があるとの見方を示した。写真は昨年1月、北京のビジネス街で(2010年 ロイター/Jason Lee)

 [フランクフルト 24日 ロイター] ゴールドマン・サックスGS.Nのチーフエコノミスト、ジム・オニール氏は、中国が2010年中に日本を抜いて世界第2位の経済大国になる可能性があるとの見方を示した。同氏の従来予想では、順位交代は2011年としていた。

 同氏は24日付のドイツ紙ウェルト・アム・ゾンタークに対し「(2011年より)早くに順位が交代する可能性もある。早ければ今年半ばには交代するかもしれない」と語った。

 また、中国経済は2020年までに3倍の規模に拡大するとの見通しを示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up