for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

新日鉄、10年3月期経常利益予想を下方修正

 1月28日、新日本製鉄は、2010年3月期の連結経常利益予想を前年比97%減の100億円に下方修正すると発表した。写真は昨年1月、都内の本社(2010年 ロイター)

 [東京 28日 ロイター] 新日本製鉄5401.Tは28日、2010年3月期の連結経常利益予想を前年比97%減の100億円に下方修正すると発表した。従来予想の200億円の黒字に比べ、50%の下方修正となる。

 トムソン・ロイター・エスティメーツによる主要アナリスト20人の予測平均値334億円を70.1%下回っている。

 昨年10月時点の見通しに比べて、建材関係を中心に鋼材の市況が下落しているほか、スクラップや原油などの原材料価格高が影響した。当期損益も、トントンから150億円の赤字へと引き下げた。

 当期損益は赤字見通しとなるものの「10―12月期の当期利益が259億円、1―3月期の見通しが309億円と足元の業績は回復傾向にある」(内田耕造副社長)とし、1円50銭の配当は実施したいと述べた。

 2009年4―12月連結経常損益は436億円の赤字に転落した。前年同期は4104億円の黒字だった。ただ、10―12月期は、433億円の黒字となった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up