for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

10─12月期実質GDPは年率+4.6%、3四半期連続の増加=内閣府

 2月15日、内閣府が発表した2009年10―12月期国民所得統計1次速報によると、実質GDPは前期比プラス1.1%、年率換算プラス4.6%で3四半期連続のプラスとなった(2010年 ロイター)

 [東京 15日 ロイター] 内閣府が15日発表した2009年10―12月期国民所得統計1次速報によると、実質国内総生産(GDP)は前期比プラス1.1%、年率換算プラス4.6%となり、3四半期連続のプラスとなった。

 ロイターの事前調査では、10―12月期の実質GDPの予測中央値は前期比プラス0.9%、年率プラス3.7%だった。

 内需の寄与度はプラス0.6%、外需がプラス0.5%となった。内需寄与度がプラスになるのは、08年1─3月期以来7四半期ぶり。内閣府の津村啓介政務官は、内需寄与度のプラス転換、政策効果が続いている個人消費の動向を踏まえ「緩やかな景気回復が、内需を含む自律的な回復の軌道に乗りつつある可能性がある」と述べた。その上で、二番底懸念については「今回の統計からは少し薄らいだ可能性がある」との見方を示した。ただ、「プラス幅は小さい」との認識も示し、金融資本市場の動向や失業率、物価動向など景気の下押しリスクを見極めながら、景気が踊り場に差し掛かることのないよう、政策対応、予算の審議を丁寧に行っていく必要があるとした。

 民間消費は前期比プラス0.7%と7─9月期(同プラス0.6%)に続き3四半期連続のプラスとなった。自動車、パソコン、テレビなど耐久財を中心に押し上げに寄与した。津村政務官は、エコカー減税・補助金やエコポイント制度など政策効果が継続しているとの見方を示した。民間住宅は前期比マイナス3.4%と4四半期連続のマイナスとなったが、7─9月期(同マイナス7.8%)よりマイナス幅は縮小した。設備投資は前期比プラス1.0%と、7四半期ぶりのプラス。増加に寄与したのは自動車、パソコンなどだった。在庫の寄与度もプラス0.1%と、08年10─12月期以来4四半期ぶりにプラスに転じた。製品在庫、原材料在庫、仕掛品在庫はプラスに寄与、流通在庫はマイナスに寄与した。

 政府最終消費は前期比プラス0.8%と、5四半期連続のプラスだった。公的資本形成は前期比マイナス1.6%と、2四半期連続のマイナス。前年比ではプラス6.3%となり3四半期連続でプラスだが、4─6月期(プラス12.6%)、7─9月期(プラス9.4%)より鈍化した。

 GDPデフレーターは前年同期比マイナス3.0%、国内需要デフレーターは前年同期比マイナス2.9%だった。GDPデフレーターは、前期比ベースではマイナス0.9%、国内需要デフレーターは前期比マイナス0.9%だった。名目成長率は前期比プラス0.2%となり、08年1─3月期以来7四半期ぶりにプラスに転じたが、名実逆転は4四半期続いている。

 09年度の残り1四半期がゼロ成長だった場合の09年度の成長率は、マイナス2.2%。政府経済見通しの09年度実質成長率(マイナス2.6%程度)の達成には、残りの四半期がマイナス1.8%程度で可能。

 同時に発表された09年実質GDPは前年比マイナス5.0%、名目成長率はマイナス6.0%となり、ともにマイナス幅は過去最大となった。GDPデフレーターはマイナス1.0%、国内需要デフレーターはマイナス2.4%。民間最終消費支出はマイナス1.0%、設備投資はマイナス19.3%、外需の寄与度はマイナス1.2%だった。

  (ロイター日本語ニュース 武田晃子)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up