for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米企業が中国ドメイン登録停止へ、検閲に抗議

 3月24日、インターネットのドメイン登録を扱う米ゴーダディー・ドットコムは、中国のドメイン「.cn」の登録を停止する計画を発表。写真は中国検索事業から撤退を発表したグーグルのオフィス。北京で22日撮影(2010年 ロイター/Jason Lee)

 [ワシントン 24日 ロイター] インターネットのドメイン登録を扱う米ゴーダディー・ドットコム(GoDaddy.com)は24日、中国のドメイン「.cn」の登録を停止する計画を発表した。

 中国を拠点とするサイバー攻撃と同国の検閲に対する抗議が理由で、本土での検索事業から撤退した米グーグルGOOG.Oの動きに同調した格好。ただ既存顧客の「.cn」ドメインの管理は継続するという。

 ゴーダディー・グループ幹部のクリスティン・ジョーンズ氏は24日、中国問題に関する米議会特別委員会の公聴会で「われわれは、中国を拠点とする現在のサイバー攻撃の多くは、犯罪行為に対する中国政府の取り締まりが欠如していることによると考える」と述べた。ゴーダディーは2010年1─3月に、中国を拠点とすると思われる深刻かつ大量のサイバー攻撃を受けたという。

 同氏は「われわれの経験では、中国当局は、インターネット関連の犯罪を犯した人間を罰するよりも、市民の合法行為を監視し、コントロールするためにインターネットを利用することに目を向けている」と語った。

 グーグルの公共政策担当責任者、アラン・デビッドソン氏は、同特別委員会向けの証言原稿で、香港版Google.com.hkとGoogle.comの双方で、中国本土のユーザーが検索した結果の一部に対する断続的な検閲がすでに確認されていることを明らかにした。

 同氏は「われわれは、中国政府がいつでもわれわれのサービスへのアクセスを阻止できると認識している」と語った。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up