for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ECBの国債買い入れ、バッドバンク化するリスク

 [フランクフルト 17日 ロイター] 欧州中央銀行(ECB)は、ギリシャ危機の波及回避に向け国債買い入れを余議なくされたが、政府の不良資産買い入れ機関「バッドバンク」化する可能性があり、ひいてはインフレ懸念につながるおそれがある。

 5月17日、ECBは国債買い入れを余議なくされたが、政府の不良資産買い入れ機関「バッドバンク」化する可能性も。写真は4月、フランクフルトのECB本部前で撮影(2010年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

 財政難に陥った国々の市場金利の引き下げにつながるため歓迎する声がある一方、ドイツ連銀のウェーバー総裁はマネーサプライ拡大でインフレを引き起こす可能性があり行き過ぎた措置と批判した。

 民間銀行はギリシャなどの保有したくない国債をECBに回すことで、デフォルトリスクが移転することになる。ECBのプログラムでは社債買い入れも視野に入れており、理論上は買い入れも売却も可能だが、アナリストは一方向の取引になると見込んでいる。市場が不安定な状況を踏まえると、ECBが国債買い入れをネットで停止した場合、利回りは危機時の状態に上昇する可能性がある。

 このためECBは、政府が不良債権処理のために設立する「バッドバンク」に似てくる。ジュネーヴ高等研究所のシャルル・ウィプロ教授は「バッドアセットを良いものにスワップすることで、(ECBの)バランスシートは膨らまないが、資産の質は悪化する。これは他の中銀と同様にECBの役割が変わることで、他の中銀のように量的緩和をECBもやっているということだ」と述べた。

 <比較的慎重なECB> 

 ECBのスキームは他の中銀の危機対応策よりも慎重だ。米連邦準備理事会(FRB)は住宅ローン担保証券や長期国債買い入れなどでバランスシートを2倍以上に膨らませたが、ECBは1週間物預金で吸収することで不胎化する。

 10日の発表以降、14日までに165億ユーロの債券を買い入れた。これはユーロ圏中銀の資産2兆ユーロに比べるとわずかだが、ECBは買い入れ上限を定めていない。

 元ECBエコノミストで現在オックスフォード・エコノミクス(ロンドン)のマリー・ディロン氏は「買い入れ規模によるが、3000億ユーロ以上の買い入れになると、ECBのリスクテイクが問題になるだろう」と指摘。「各国の公的財政に関してECBは完全な情報を持っているわけではない」と述べた。 

 <債務不履行やインフレの懸念> 

 大幅な買い入れ、そしてギリシャ債務が不履行、あるいは再編された場合は、ECB財政に問題が生じ、各国政府に支援を求める事態になった場合、ECBと政府の関係に問題が生じる可能性がある。

 ギリシャのソブリン債務は3000億ユーロ。大半をギリシャと欧州の民間銀行が保有している。先週の欧州による支援策発表後に実施したロイター調査では、今後1年以内にギリシャが債務再編に踏み切る可能性は10%と予想されている。 

 ユーロ圏中銀は2008年のリーマン破綻やアイスランド銀の金融危機の影響で引当金として57億ユーロを計上したが、ギリシャ債務が不履行あるいは再編された場合、額はこれをはるかに上回るとみられている。

 ECBの社債買い入れはまだ報告されていないが、同様に当該企業が破綻した場合、ECBは損失を被ることになる。

 ギリシャが債務不履行に陥れば、銀行の連鎖破綻を引き起こし、ECBの不良債権は膨らむことになる。 

 ドイツ銀行のエコノミスト、ジレス・モエク氏は、ECBや各国中銀は損失に対するバッファーがあるが「システミック」な損失に対しては不十分と指摘。「防衛の最前線となるのは資本あるいは準備金だ」と述べた。

 ECBとユーロ圏中銀は4月末現在770億ユーロの資本・準備金を有している。総資産1兆8940億ユーロに対してレバレッジ比率は24.6倍。これに対して大手民間銀行は30倍以上となっている。 

 2008年の例を踏襲するならば、債務不履行による損失はECBへの出資比率に応じて各国中銀で負担する。ドイツとフランスの負担は大きくなる仕組みだ。

 シティのエコノミスト、ユルゲン・ミヒェルス氏は「ユーロ圏加盟国が自国の中銀に追加資本の注入を余儀なくされれば、ドイツやフランスなどの強大諸国がECBの資産買い入れに関連した損失を負担することになるだろう」と述べた。

 前出のウィプロ教授は、政府に経済資源がない場合、負の連鎖でECBが最終的にマネー増刷に至る可能性を指摘。「すでに連鎖に入っている。困難に陥った国があり、中銀が明らかに救済に入った。資金がないまま救済しようとすれば、結局は誰かがマネーを刷る必要がある。これは中銀の役割で、インフレの恐れにつながる」と述べた。 

 (Marc Jones, Krista Hughes記者;翻訳 村山圭一郎 ;編集 内田慎一)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up