for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米景気回復は期待ほどのペースで進んでいない=大統領

 6月22日、オバマ米大統領は、米景気回復は期待ほどのペースで進んでいないとの認識を示した。16日撮影(2010年 ロイター/Larry Downing)

 [ワシントン 22日 ロイター] オバマ米大統領は22日、米経済は回復しつつあるものの、期待したほどのペースでは前進しておらず、的を絞った財政措置で成長を下支えする必要があるとの認識を示した。

 大統領は閣議後、記者団に対し「年初来50万人以上の民間雇用が創出された」と述べた上で、「期待したほど速いペースで進んでいないことも認識している」と表明。

 より的を絞った刺激策が必要だと強調し、「中小企業の投資や失業者の再雇用を支え、雇用の伸びと経済成長を継続的に支援できる、的を絞った措置の論議を進展させる必要性について話し合った」と述べた。

 米議員の間では、財政赤字への懸念から、雇用支援のための追加財政支出には反対の声が強い。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up