for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

5月米新築1戸建て住宅販売、過去最低水準

 6月23日、5月の米新築1戸建て住宅販売統計は統計開始以来の最低水準となり、減少率としても過去最大を記録。写真は2008年5月コロラド州デンバーで撮影(2010年 ロイター/Rick Wilking)

 [ワシントン 23日 ロイター] 米商務省が23日発表した5月の新築1戸建て住宅販売統計は、前月比32.7%減の年率30.0万戸となった。1963年の統計開始以来の最低水準となり、減少率としても過去最大を記録した。

 ロイターがまとめたアナリスト予想では41万戸だった。

 過去2カ月分についても、3月分が38万9000戸に、4月分が44万6000万戸にそれぞれ下方修正され、5月の減少で2カ月間の増加が打ち消される格好となった。3・4月は政府の住宅税控除が住宅販売を押し上げていた。

 4CASTのエコノミスト、デービッド・スローアン氏は「過去2カ月分が下方修正された。住宅税控除の効果はわれわれが認識していたほど大きくなかったようだ。少々不安を感じ始めている」と話した。

 住宅在庫は前月比0.5%減の21万3000戸で、1970年11月以来の低水準。ただ、現在の販売ペースでみた場合8.5カ月分の供給に相当し、4月の5.8カ月分から46.6%増と、過去最大の増加率を記録した。

 販売価格の中央値は前月比1%下落し20万0900ドル。前年同月比では9.6%下落し、下落率は2009年7月以来最大となった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up