for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

6月中国乗用車販売は09年3月以来の低い伸び、下期はさらに失速も

 [上海/北京 9日 ロイター] 中国汽車工業協会(CAAM)が発表した6月の中国国内乗用車販売台数は前年比19.4%増の104万台となった。伸び率は5月(同25.8%増)から鈍化し、2009年3月以来の低水準となった。急拡大し続けてきた中国自動車市場に失速感が出ている。

 7月9日、6月の中国国内乗用車販売台数は前年比19.4%増の104万台となった。伸び率は5月(同25.8%増)から鈍化し、2009年3月以来の低水準となった。湖北省での乗用車販売のもよう(2010年 ロイター)

 自動車業界幹部やアナリストは、前年が高水準だったという点や、工場での労働争議が再び活発化する可能性を踏まえ、年後半の状況は厳しいと予想している。

 東風汽車0489.HKの幹部は「当初、年初から2─3カ月間は高い伸びを維持するとみていた。しかし、右肩上がりにはならず、7月や8月は減少する可能性もある」と述べた。

 中国の自動車市場は、2008年に低迷したが、2009年4月から急回復し、09年末にかけて月次ベースの最高記録を更新し続けた。

 今年の4月からやや失速し始めたものの、販売台数は過去6カ月のうち5カ月で100万台を超えており、国内の需要は堅調であることがうかがえる。

 IHSグローバル・インサイトのアナリストは「数字をみると、市場はまだうまく持ちこたえている。ただ、市場が急拡大した2009年と遜色(そんしょく)ない結果を出すのはかなり厳しい」とした上で、「販売伸び率は、例年低迷する夏場にさらに低下するだろう。行楽シーズンの秋になれば持ち直す可能性がある」と述べた。

 アナリストらは、年後半の伸び率は10%程度にとどまり、通年では20%と、極めて高水準だった2009年(52.9%)から妥当な水準に落ち着くとみている。

 ホンダ7267とトヨタ7203を生産停止に追い込んだ中国自動車部品業者のストライキも、市場の勢いを失速させる新たな要因となっている。

 JDパワー&アソシエーツのデータによると、ホンダの5月の販売台数は前年比10%減少した。6月実績をまだ発表されていない。

 トヨタの6月の販売台数は、1ケタ台のパーセント増をかろうじて維持した。

 自動車部品取引を扱う中国系オンラインサイト、Gasgooドットコム社長のケビン・チェン氏は「労使紛争は、適切な対応がとられなければ再発するだろう」と語った。

 *中国の月次乗用車販売に関するグラフィックスは

 here

 をクリックしてご覧下さい。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up