for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

7月米消費者信頼感指数は2月以来の低水準、雇用懸念で

 7月27日、7月の米消費者信頼感指数は50.4と前月から低下し、2月以来の低水準となった。写真は3月ボストン市内で撮影(2010年 ロイター/Brian Snyder)

 [ニューヨーク 27日 ロイター] 米大手民間調査機関のコンファレンス・ボード(CB)が27日発表した7月の消費者信頼感指数は50.4と前月から低下し、2月以来の低水準となった。雇用に対する懸念が背景。

 ロイターがまとめたアナリスト予想は51だった。

 6月分は前回の52.9から54.3に上方修正された。

 雇用に対する見方が悪化し、「就職困難」とした回答者の割合は前月の43.5%から45.8%に拡大した。

 4キャストのエコノミスト、デービッド・スローン氏は「かなりの逆風要因がある。財政刺激策は縮小しつつあり、欧州の状況は明らかに消費者の信頼感に影響を与えた。ただ消費者にとり、大きな問題が雇用であることは明確だ」と述べた。

 CB消費者リサーチセンターのディレクター、リン・フランコ氏は「業況や労働市場への懸念が消費者心理に暗い影を落としている。雇用状況が改善するまで、この暗い影が消える可能性は低い」と話した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up