for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

6月鉱工業生産速報は‐1.5%、4カ月ぶり低下

 7月30日、6月の鉱工業生産速報は前月比-1.5%となり、4カ月ぶりに低下。川崎市で3月撮影(2010年 ロイター/Issei Kato)

 [東京 30日 ロイター] 経済産業省が30日発表した6月鉱工業生産指数速報(2005年=100、季節調整済み)は前月比1.5%低下の94.7となり、4カ月ぶりの低下となった。ロイターの事前予測調査では前月比0.2%上昇と予想されていたが、発表数値は予想を下回った。

 四半期でみると4─6月の生産実績は前期比プラス1.4%となり、昨年第2・四半期以降の生産回復局面で最も低い伸びとなった。

 生産予測指数は7月が前月比0.2%低下、8月が同2.0%の上昇となった。

 経済産業省は生産の基調判断を「持ち直しの動きで推移している」で据え置いた。

 業種別にみると、輸送機械工業、電子部品・デバイス工業、化学工業などが低下。一般機械工業、繊維工業が上昇した。

 鉱工業出荷指数は前月比0.2%低下、在庫指数は0.7%上昇だった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up