for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

パナソニック、欧州3Dテレビ市場でシェア50%目指す

 9月2日、パナソニックヨーロッパのアバディ会長が、欧州3Dテレビ市場でシェア50%を目指すと話した。ベルリンの家電見本市で1日撮影(2010年 ロイター/Thomas Peter)

 [ベルリン 2日 ロイター] パナソニックヨーロッパのローラン・アバディ会長は2日、欧州の3次元(3D)対応テレビ市場でシェア50%の獲得を目指すと述べた。ベルリンの家電見本市開幕を前にロイターとのインタビューに応じた。

 8月初旬時点のシェア(50インチ以上)は35%。3Dテレビは予想以上に需要が大きく、今年の欧州の売上高の15─20%は3Dテレビになる見通しという。

 パナソニック6752.Tは、サムスン電子005930.KS、LG電子066570.KS、ソニー6758.Tに次ぐ世界4位の薄型テレビメーカー。

 同会長は、3Dテレビの需要の大きさに驚いていると発言。「かなり強気の目標を掲げていたが、実際の需要はその3─4倍あった」と述べた。具体的な販売目標は明らかにしなかった。

 販売が予想以上に好調なため、一部で配送の問題が出ているが、今月中に解消できる見通しという。

 同会長は、3D対応カムコーダーや、3D対応レンズ搭載のデジタル一眼カメラ「LUMIX Gシリーズ」にも高い期待を寄せていると述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up