for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ユーロ圏で景気二番底やデフレの兆候はない=独連銀総裁

 9月8日、ドイツ連銀のウェーバー総裁は、ユーロ圏で景気二番底やデフレの兆候はないと述べた。フランクフルトで2日撮影(2010年 ロイター/Alex Domanski)

 [フランクフルト 8日 ロイター] 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーであるドイツ連銀のウェーバー総裁は8日、ユーロ圏がリセッション(景気後退)に再び陥ったり、デフレ局面に突入したりするといった懸念には根拠がないと述べた。

 総裁は銀行業界の会議で講演し、「景気二番底やデフレへの懸念は共有しない」と語った。

 ただ、市場では引き続き先行き不透明感が強く、後戻りする可能性も除外はできないとも述べ、金融危機が終わったと宣言するには時期尚早だと警告した。

 また、破たん銀行に対するドイツ政府の計画に支持を表明し、世界全体に適用できる規制の策定を呼び掛けた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up