for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米景気後退は2009年6月に終了、大恐慌以来の長さ=NBER

 9月20日、全米経済研究所は、米経済は2009年6月にリセッションを脱却したとの判断を下した。写真は2003年4月、首都ワシントンで(2010年 ロイター/Kevin Lamarque)

 [ワシントン 20日 ロイター] 米経済の景気サイクルを判定する全米経済研究所(NBER)は20日、米経済は2009年6月にリセッション(景気後退)を脱却したとの判断を下した。07年12月に始まった景気後退の期間は、1930年代の大恐慌以来の長さとなった。

 NBERは「(景気後退終了)決定は、今日までの回復の強さと期間の長さに基づいている」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up