for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

8月貿易黒字は前年比‐37.5%、1年3カ月ぶり減少

 9月27日、財務省が発表した8月貿易統計速報によると、黒字額は前年比37.5%減となり、2009年5カ月以来1年3カ月ぶりに減少した。写真は都内のコンテナ港で24日撮影(2010年 ロイター/Yuriko Nakao)

 [東京 27日 ロイター] 財務省が27日発表した8月貿易統計速報によると、貿易収支(原数値)は1032億円の黒字となった。黒字額は前年に比べ37.5%減となり、2009年5カ月以来1年3カ月ぶりに減少した。

 輸入の前年比伸び率が輸出を上回ったことが主因。ロイターが民間調査機関を対象に行った調査では、貿易黒字の予測中央値は前年比44.3%増の2384億円だった。

 輸出は前年比15.8%増となり、9カ月連続で増加したが6カ月連続の鈍化となった。輸出を地域別にみると、米国向け輸出は前年比8.8%増と7月(同25.9%増)から急減速し、今年最も低い伸び率となった。EU(欧州連合)向けは前年比13.7%増と7月(同13.3%増)と同程度の伸びを維持。アジア向けは前年比18.6%増となり、昨年11月(同4.6%増)以来の低い伸びとなった。中国向け輸出も前年比18.5%増となり、昨年11月(同7.8%増)以来の低い伸びとなった。  

 輸出の増加に寄与した品目は、自動車(前年比18.7%増)、鉄鋼(同26.1%増)、金属加工機械(同98.8%増)など。自動車はアラブ首長国連邦(UAE)向けの3000cc超、ロシア、メキシコ、中国向けの1500─3000ccの乗用車など。鉄鋼はタイ、中国向けの亜鉛メッキフラットロール、韓国向けの鉄鋼スラブなど。金属加工機械は中国、米国向けマシニングセンター、タイ向け横旋盤などが増加に寄与した。

 一方、米国向けの自動車輸出は前年比8.3%減と2009年10月(同5.7%減)以来の減少となった。 

 輸入は前年比17.9%増となり、8カ月連続で増加。3カ月ぶりに伸びが加速した。輸入の増加に寄与したのは液化天然ガス、鉄鋼石、非鉄金属など。

 輸入原油単価は前年比0.1%低下の4万0571円/キロリットル、ドルベースでは前年比9.8%上昇の74.7ドル/バレルだった。  

 (ロイターニュース 武田晃子)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up