for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

9月米ISM製造業景気指数は低下、新規受注・雇用など悪化

 10月1日、9月の米ISM製造業景気指数は低下。内訳では新規受注や雇用が悪化した。写真は1月ミネソタ州ゴールデンバリーにあるハネウェル・インターナショナルの製造工場を撮影(2010年 ロイター/Eric Miller)

 [ニューヨーク/ワシントン 1日 ロイター] 米供給管理協会(ISM)が1日発表した9月の製造業景気指数は54.4と、前月の56.3から低下した。落ち着いたインフレとあわせて、米連邦準備理事会(FRB)に一段の金融緩和を行う余地を与えるとみられている。

 市場予想は54.5だった。50が景気を見極めるうえでの分岐点となる。

 内訳では新規受注が51.1と4カ月連続で低下。雇用も56.5に悪化した。

 ISM製造業調査委員会のノーバート・オー委員長は、全体的に強弱まちまちの内容と指摘。「製造業自体は他の業種よりもよく持ちこたえているが、項目別でみるとそれぞれに一定の温度差がみられるなど、不透明さがうかがわれる」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up