for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ユーロ圏「デフレスパイラル」はドイツの緊縮財政策が原因=ソロス氏

 10月5日、名投資家のジョージ・ソロス氏は、ドイツの緊縮財政策がユーロ圏を「デフレスパイラル」に陥れていると批判した。9月撮影(2010年 ロイター/Mike Segar)

 [ニューヨーク 5日 ロイター] 著名投資家のジョージ・ソロス氏は5日、ドイツの緊縮財政策がユーロ圏を「デフレスパイラル」に陥れていると批判した。

 ソロス氏はコロンビア大学で講演し、欧州や米国にとって、財政引き締めではなく追加的な財政刺激策を講じることが危機から脱する方法だと指摘、「ドイツのような債権国が赤字を削減することは、1930年代の大恐慌から学んだことと完全に矛盾している。ドイツは欧州を長期的なスタグネーション、あるいはそれ以上に悪い状況に追い込んだ責任がある」と述べた。

 ソロス氏はその一方で、ドイツ経済が堅調に推移しているほか、他国の困難は構造的な問題が原因だとみられがちなため、ドイツが政策を変更するとは思えない、と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up