for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

9月米新築住宅販売は前月比6.6%増、依然低水準

 10月27日、米商務省は9月の新築1戸建て住宅販売が前月比6.6%増の年率30万7000戸となったと発表した。写真は6月29日、シカゴで(2010年 ロイター/John Gress)

 [ワシントン 27日 ロイター] 米商務省が発表した9月の新築1戸建て住宅販売は前月比6.6%増の年率30万7000戸となった。ただ、引き続き落ち込んだ水準にあり、来週の連邦公開市場委員会(FOMC)で追加金融緩和策が打ち出されるとの市場の見方は変わっていない。

 ロイターがまとめたアナリスト予想は30万戸。8月の販売戸数は28万8000戸だった。

 9月の住宅在庫は1%減の20万4000戸と、1968年7月以来の水準に減少した。9月の販売ペースで8.0カ月分の供給に相当する。前月は8.6カ月だった。

 販売価格の中央値は前月比1.5%上昇し22万3800ドル。5月以来の高水準となった。前年同月比では3.3%上昇した。

 RBCキャピタル・マーケッツ(ニューヨーク)で米経済部門を統括するトム・ポルチェッリ氏は、前月と比べてそれほど悪い要素は見られないものの、引き続き最低水準付近にとどまっていると指摘。「失業は高止まりしており、今年そして来年も住宅市場に真の勢いが見られることはないだろう」と述べた。

 LPLフィナンシャル(ボストン)の投資ストラテジスト、ジョン・カナリー氏は、内容は予想通りで在庫が再び減少したのは良いニュースと語った。その上で「新築住宅販売を加速させるには、まず一段の在庫処理を進める必要がある。住宅購入者向け税控除措置終了に伴う反動減はおそらく底入れしたが、新築・中古住宅販売が上向くまでには長い時間がかかる」との見方を示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up