for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

大塚HDが東証上場で2160億円を調達、時価総額1.33兆円

 [東京 12日 ロイター] 大塚ホールディングス(東京都千代田区、証券コード4578)は12日、東京証券取引所から株式の新規上場を承認された。上場日は12月15日。想定発行価格2400円をベースにすると、時価総額は1兆3300億円、公募と売り出しで計2160億円の資金調達となる。

 上場に伴い3867万8800株の新株発行と4132万1200株の自己株処分を公募で行う。このほかに1000万株の売り出しと、需要に応じて450万株のオーバーアロットメントによる売り出しを予定している。

  所属部は公開価格決定後に決定する。仮条件決定日は11月25日、公開価格決定日は12月6日。

 医薬品メーカーとしては、武田薬品工業4502.Tに次ぎ、アステラス製薬4503.Tや第一三共4568.Tに匹敵する規模となる。4月の第一生命保険に続き、大型企業の上場となる。

 大塚ホールディングスは、子会社116社、関連会社29社で構成されている。    

 1921年に創業者の大塚武三郎氏が徳島県鳴門に大塚製薬工業部(現在の大塚製薬工場)を設立。1946年には点滴注射薬の製造販売を開始し、医薬品事業に参入した。2008年7月には純粋持ち株会社として大塚ホールディングスが発足。「ポカリスエット」や医薬品を扱う大塚製薬(東京都千代田区)、「ボンカレー」や「クリスタルガイザー」の大塚食品(大阪市)などが中核企業となる。

 2010年3月期の連結売上高は1兆0842億円(前年比13.4%増)、営業利益は984億円(同7.6%増)、当期利益は674億円(同43.2%増)。

 (ロイターニュース 清水 律子 江本 恵美)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up