for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米アップル、ウィキリークス閲覧アプリの提供を停止

 12月22日、米アップルは「App Store」からウィキリークスが公開する政府等の内部文書にアクセスできるアプリを削除したと発表。写真はアップルのロゴ。2008年7月撮影(2010年 ロイター/Claro Cortes IV)

 [ボストン 22日 ロイター] 米アップルAAPL.Oは22日、同社のアプリケーション配信サービス「App Store(アップストア)」から、ウィキリークスが公開する政府等の内部文書にアクセスできるアプリを削除したと発表した。

 このアプリはイゴール・バリノフ氏が開発したもので、価格は1.99ドル(約166円)。削除される数日前に提供が開始されたばかりだった。

 アップルは同アプリの削除について、声明で「開発者のガイドラインに違反しているため」と説明。アプリは各国の法律に準拠する必要があり、特定の個人や団体を狙った措置ではないとしている。

 一方、グーグルGOOG.Oのオンラインストアでは、同社の基本ソフト(OS)「アンドロイド」向けに提供される同様のアプリが現在も複数利用できる。

 ウィキリークスをめぐっては、アマゾン・ドット・コムAMZN.Oやバンク・オブ・アメリカBAC.Nがサービス提供を停止したことが、この数週間で明らかになっていた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up