for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米ワーナー・ミュージックが身売り先を模索=関係筋

 1月20日、米音楽大手のワーナー・ミュージック・グループが身売り先を模索していることが明らかに。写真は同社の本社。2008年8月撮影(2011年 ロイター/Fred Prouser)

 [ニューヨーク 20日 ロイター] 関係筋は20日、米音楽大手のワーナー・ミュージック・グループWMG.Nが身売り先を模索しており、ゴールドマン・サックスGS.Nをアドバイザーに起用したことを明らかにした。

 買収には複数から関心が寄せられているという。

 これより先に、米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)は20日、ゴールドマンの起用に先立ち、プライベートエクイティ(PE)のコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)KKR.Nなどがワーナー・ミュージックの経営陣に接触し、買収に関心を示したと報じた。

 ゴールドマンとワーナー・ミュージックはコメントを差し控えた。 

 ワーナー・ミュージックは以前から、英EMIのレコード音楽部門を買収する可能性がうわさされてきた。

 NYTによれば、ゴールドマン内ではワーナー・ミュージックによるEMI買収案が別途検討されている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up