for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

邦銀の格付けアウトルック変更、理解に苦しむ=全銀協会長

 2月22日、全国銀行協会の奥会長は、ムーディーズが日本の3メガバンク系発行体の長期格付けの格付け見通しをネガティブに変更したことについて、「理解に苦しむ」と述べた。写真は2009年12月に都内で撮影(2011年 ロイター/Issei Kato)

 [東京 22日 ロイター] 全国銀行協会の奥正之会長(三井住友銀行頭取)は22日の定例会見で、ムーディーズ・ジャパンが同日、日本の3メガバンク系発行体の長期格付けの格付け見通しを安定的からネガティブに変更したことについて、「理解に苦しむ」と述べた。

 奥会長は「日本の銀行はシステミックリスクを起こすような状況ではない。今(格付けを)変更する理由があるのか」と語った。ムーディーズは同日、日本政府の債務格付けの見通しを「安定的」から「ネガティブ」に変更したのに合わせて、三菱UFJフィナンシャル・グループ8306.T、三井住友フィナンシャルグループ8316.T、みずほフィナンシャルグループ8411.Tなどそれぞれ傘下の発行体の長期格付け見通しを「安定的」から「ネガティブ」に変更した。

 (ロイター日本語ニュース 布施太郎記者)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up