for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

12月米ケース・シラー20都市圏住宅価格指数、6カ月連続低下

 2月22日、スタンダード・アンド・プアーズが発表したS&P/ケース・シラー住宅価格指数は、20都市圏住宅価格指数が6カ月連続で低下。写真はアリゾナ州・フェニックスの売家。1月撮影(2011年 ロイター/Joshua Lott)

 [ニューヨーク 22日 ロイター] スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が22日発表したS&P/ケース・シラー住宅価格指数によると、12月の主要20都市圏の住宅価格動向を示す指数は、季節調整済で前月比0.4%低下した。

 低下は6カ月連続で、ロイターが集計したエコノミスト予想中央値も0.4%低下だった。

 季節調整前では前月比1.0%低下し、2009年4月につけた低水準からは2.3%しか離れていない水準となった。予想中央値は0.7%低下だった。

 前年比では予想中央値の2.3%低下に対し、2.4%低下となった。

 S&Pの指数算出委員会のデビッド・ブリッツァー委員長は「経済は全般的に回復しているにもかかわらず、住宅市場は依然として低迷している」と指摘した。

 主要20都市圏のうち18都市圏で指数が前年比で低下。前月比では19都市圏で低下した。

 また主要10都市圏の価格動向を示す指数は季節調整済で前月比0.4%低下、季調前で同0.9%低下した。前年比では1.2%低下だった。

 2010年の第4・四半期の住宅価格は、前四半期比3.9%低下、前年同期比では4.1%低下した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up