for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

原油、リビアとアルジェリア生産停止なら220ドル越えも=野村

 2月23日、野村は、リビアとアルジェリアが原油生産を停止した場合、原油価格は1バレル=220ドルを越える可能性があるとの見方を表明。写真はニューヨーク・マーカンタイル取引所の原油オプションのピット。22日撮影(2011年 ロイター/Brendan McDermid)

 [ロンドン 23日 ロイター] 野村は23日、中東や北アフリカでの暴動拡大により、リビアとアルジェリアが共に原油生産を停止した場合、原油価格は1バレル=220ドルを越える可能性がある、との見方を示した。

 野村は「仮にリビアとアルジェリアが原油生産を停止すれば、原油価格は220ドル超の水準でピークに達し、石油輸出国機構(OPEC)の余剰生産能力は日量210万バレルまで低下する可能性がある」と指摘した。

 野村によると、1990─91年の湾岸戦争時には、OPECの余剰能力が日量180万バレルまで低下し、原油価格が7カ月で130%急騰した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up