for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

リビア、複数の米銀でそれぞれ最大5億ドルを管理=ウィキリークス

 2月24日、民間サイト「ウィキリークス」が入手した極秘外交電報によると、リビア投資庁は複数の米銀でそれぞれ最大5億ドルを管理している。写真はリビアのベンガジで23日撮影(2011年 ロイター/Asmaa Waguih)

 [ロンドン 24日 ロイター] リビアの政府系ファンド(SWF)、リビア投資庁(LIA)は、320億ドルの潤沢な資金を保有しており、複数の米銀でそれぞれ最大5億ドルの資産を管理している。

 政府等の内部文書を公開する民間サイト「ウィキリークス」が入手した極秘外交電報で明らかになった。 

 その外交電報では、1月20日に行われたLIAトップと駐リビア米国大使との会談の詳細が記されており、LIAトップのモハメド・ラヤス氏は米国大使に対し「われわれは銀行預金などを中心に320億ドルの潤沢な流動性を有しており、長期的に良いリターンをもたらすだろう」として、原油市場のボラティリティーについては懸念していないと述べた。

 また同氏はLIAが複数の米銀でそれぞれ3億─5億ドルを管理していると明らかにし、ロンドンの銀行、居住用・商業用不動産に投資を行っているとも指摘したという。

 320億ドルの金額がLIAの運用資産の総額なのか、キャッシュ要素であるのかは現在のところ不明。

 また外交電報によると、同氏はLIAが経営破綻した米証券会社リーマン・ブラザーズ・ホールディングスへの投資で同社と係争問題を抱えているほか、証券詐欺容疑で収監されている米国の大富豪アレン・スタンフォード氏や、巨額詐欺事件で逮捕されたバーナード・マドフ受刑者が運営していたスキームへの投資は行っていないと明らかにした。

 欧米諸国は、リビアの最高指導者カダフィ大佐がデモを武力弾圧する意向を表明したことを受けて、資産凍結など同国に対する制裁措置を検討している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up